About Kauai

<地理>

ハワイ主要6島のなかで最北端に位置し、地理学的に最古のカウアイ島は510万年前に誕生しました。 

南北に40km、東西に53kmのやや円形で面積は1430ku、四国の約半分の大きさです。 

商業及び居住用に開発された土地は、陸地面積のわずか3%で、残りの97%にのぼる広大な土地は、農業用地

及び自然保護地帯となっています。 

人口は約60000人('03年現在)で、そのうち約2割の日系人の方がお住まいです。 

島民の大半は海岸地域で生活しておられ、島の内陸部には手つかずの素晴らしい大自然が広がっています。

<気候>
 

年間を通じて快適で、日中の気温は摂氏24〜29度。 

夏季はこれよりやや気温が上昇しますが、 北西方面から吹く貿易風が島全体に心地良い潮風をもたらし、

シャワーと呼ばれるにわか雨が早朝と夕方、主に山間部に降ります。

また島周辺の海水は摂氏20〜27度と、温暖で1年中海水浴が楽しめます。
 
朝夕のシャワーによって、虹が生まれます。 虹がよく見られるハワイの中でも特に カウアイは遭遇率が

高いようです。 

運が良ければ、ダブルレインボーにも出遭えます。     

  "Happy Rainbow"、それは幸せを運んでくれる虹なのです。

   *
Weather Forecast(天気予報) 245-6001

<特徴>

悠久の時が流れる中、風、雨、太陽、波に刻まれ磨かれて、起伏に富むダイナミックな景観を生み出している

カウアイは、大自然の宝庫、島そのものが「大自然の博物館」と言えます。 

谷底から頂上までの高度が3567フィート(1087m)にも及ぶワイメア渓谷 は、島の西端部に14マイル(23km)に

広がっています。 

その壮大な地形は「太平洋の グランドキャニオン」と呼ばれるほどです。 

また秘境ナ・パリ・コーストは、高さ3000フィート(914m)の切り立った山々が海岸線にそびえ立ち、まるで神々が

創り出した芸術のようです。

*椰子の木よりも高い建物(4階建て)を建ててはいけないという、なんとも洒落た条例があります。

*43の白砂海岸があり、他島の海岸線に比べて、1マイルあたりに点在する白砂海岸の
  数が多いんですよ。

*ハワイで唯一、船が航行できる川があります。

有名な観光ポイントシダの洞窟へ向かうワイルア川には、「スミス」船が運行しています。 

帰りの船内では、皆でフラを踊ったりと楽しく過ごせ ますよ。 

日本語のガイドもありますが、時間によっては英語だけの場合もあるので、 窓口で確認して下さいね。

*これまで60余りの映画やテレビ番組で、撮影の舞台になっています。

古いものから、「南太平洋」「ブルーハワイ」「ガール!ガール!ガール!」「キングコング」「レイダース」

「ハネムーン・イン・べガス」「アウトブレーク」「エンドレス・サマー」 「6デイズ、7ナイツ」「ジュラシック・パーク」

「ロストワールド」などがあります。

*主要産業は農業(コーヒー、タロ芋、グアバ、パパイヤなど)、観光業です。

*ザ・アイランド・コーヒー・カンパニー経営の「カウアイ・エステート・プランテーション
  4000エーカー(490万坪)の敷地面積を誇り、ハワイ最大のコーヒー農園として知られ
  ています。

ハワイのコーヒーといえばコナ・コーヒーが有名ですが、カウアイ・コーヒーの味もなかなかのものです。 

スーパーでも手に入りますが、Eleeleにあるビジターセンターでは、試飲もできますので、自分の好みに合った

コーヒー豆を購入できます。
 
コーヒー好きの私は「Viena Roast」よりもコクのある「Dark Roast」をお薦めします。

季節によっては「ブルーマウンテン」が手に入ります。

*ハワイで生産されているタロ芋の62%はハナレイのタロ芋畑で作られています。

*キラウェアにあるグアバ・カイ・プランテーションには、480エーカー(58万8千坪)の広大なグアバ果樹園が

広がっており、カウアイは世界一のグアバの産地として知られています。

現在は休園中。

<交通>
 
何といっても車があれば便利です。 

空港に着いたらまず、レンタカーを借りましょう。 

予約は出発前に日本でしておく方が安心でしょう。

借りる時には、保険がカバーされているかどうかも忘れずに確認して下さいね。

カウアイの走り方はこちら


 レンタカー
                       (リフェ)      (日本での予約先)
     *
Alamo Rent A Car   245-0645     0120-088-980

     *
Avis Rent A Car    245-3512     0120-311-911         

     *
Budget Rent A Car   245-1901     0120-150-801           

     *
Dollar Rent A Car    245-3651     0120-117-801

     *Hertz Rent A Car    245-3356     0120-489-882

     *National Car Rental    245-5636     0120107−186   
 
レンタカーを借りるのは不安という方でも大丈夫。 

本数は少ないですがバスも走ってますし、タクシーを利用しても良いですよ。 

大きなホテルでは、シャトルバスも運行しています。 

ツアー会社を利用するのも手です。

 バス

*The KAUAI BUS (241-6010)
  KekahaからHanaleiまで走る島民の足。 $1.50、一ヶ月のバスパス$25.00
  ルートや時間はお問い合わせ下さいね

*
COCONUT COAST TROLLEY (245-5108)
  観光客向けのバス。 $2.00、一日パス$5.00
  (North Bound) 
      Marriott⇔Hilo Hattie⇔Outrigger⇔Holiday Inn⇔coconut Market Place
  (South Bound)
      Kapaa town⇔Kauai Village⇔Wailua Marina

 タクシー
 
       *
North Shore Cab        826-6189

       *ABC Taxi             822−7641

       *Al's VIP              742−1390

<病院>
 
 ほとんどの人が出発前には海外旅行保険に加入されると思います。 
 クレジットカード会社によっては、カードに付帯しているものもあって便利になりましたね。 
 保険は安心料、使わないにこしたことはないですが、もし万が一、病気や怪我をしたら、
 慌てず病院へ行きましょう。

*Wilcox Memorial Hospital (総合病院)  3420 Kuhio Hwy. Lihue  245-1100

健康だけが取り柄の私も、体調を崩し初めて病院のお世話になったことがあります。

カウアイにも医療施設はたくさんありますが、滞在先に近くて総合病院ということで、ウィルコックス病院ヘ

行きました。 

まず、玄関を入ると受付があります。

病院というよりオフィスの雰囲気。 ツーリストであるが診察を受けたい旨を伝えます。

日本語は通じませんが、なんとかなるので、慌てず落ち着いて。 

名前や住所などを書き、保険を使いたいことも伝えると、カルテを作ってくれます。 

walk-in clinicの窓口にカルテを出すと、名前を呼ばれます。 まずは、問診です。 

身長、体重を聞かれ(フィート、パウンドがわからなくても計ってくれるので大丈夫)、

血圧、脈拍などをチェックしてくれます。 

その後、診察室に通されて、ドクターの診察を受けます。 ゆっくりと時間をかけて診てくれます。 

待ち時間が長くて、診察時間が短い日本の病院とは大違いで感激!

会計がクレジットカードで済ませられるのも、やはりアメリカです。 

この時に、しっかり保険の書類ももらっておきましょう。

<関連サイト>
 
 *
カウアイ観光局(Kauai Visitors Bureau)

 *カウアイ島 経済開発課(Country of Kauai, Office of Economic Development)

 *
カウアイ商工会議所(Kauai Chamber of Commerce) 



    
                     Home