■■
 Pali Ke Kua ■■


夏のカウアイで泊まりたいアコモNo.1は、パリ・ケ・クアのオーシャン・フロント!

なぜ夏かと言うと、サンセットが海に落ちるのを見られるからだ。

リフエ空港に到着したのは2時過ぎ、すぐにでもノースへと向かいたいところだが、まず関所を通らなければいけない。(笑)

取り敢えずはママの家に寄らないとね。

リフエからプリンスヴィルまでは45分ほどのドライブ♪

入り口にあるフードランドで買い物を済ませて、パリ・ケ・クアへ。

レストランの横にあるオフィスは、以前のマークからキャッスルに変わっている。

明かりは点いているのに、もう閉まっていた。 5時までだと思っていたら、4時までだって。^^;

ドアの横にはメッセージがあり、キーボックスに暗証番号を入力して鍵を取り出した。

スタッフが常駐しないコンドミニアムにはよくあるスタイルだ。

3棟の専用の駐車場に車を止めた。

1階の1BRの上にメゾネットタイプの2BRが乗っかっている形で、2BRの1階部分が駐車場と同じレベルとなっている。

私達のユニットは#117なので、駐車場から下へ下りることになるが、階段じゃないから楽だ。







スロープをゴロゴロとスーツケースを転がしながら、「どんなお部屋かな〜」と期待しつつドアを開けると。。。。

あちゃ〜、久しぶりのハズレだわ。^^;

随分長いこと手を入れてなさそうな感じ。 家具もかなり古そうで、しかもセンスが悪い。(笑)

なんと、インターネットも繋がっていない。^^;

そして、お2階さんのうるさいこと! 小さな子どもが3人くらいいるのかな? 

ドタバタ走るし、キャーキャー騒ぐし、これで3泊を過ごすのはキビシイ。

明日、お部屋を変えてもらおうっと。

朝一番にオフィスへ行ってその旨を伝えると、早速チェックしてくれたけど、生憎オーシャンフロントは2BRも満室。

マウンテンビューなら空いていたけど、それでは意味がないから我慢することにした。

気になるお2階さんは、翌日チェックアウトしたようだ。



        



窓際にあるダイニングスペースは、バリハイの景色が額縁のように見える。

到着した時は曇っていたけど、晴れていればご覧の通り!



        



対面式のキッチンは古いけど最低限必要なものは揃っていて、何より綺麗で清潔だった。

オアフでは外食ばかりだったけど、カウアイではなるべく内飯の予定なので、

パスタや素麺など、数日分の食糧を持参したのだった。



        



ベッドルームはクィーンサイズのベッドが一台で、母娘が一緒に寝ても十分だったけど、

娘はリビングのソファベッドでひとりで寝ていた。







バスルームにはクローゼット、洗濯機と乾燥機も付いていてゆったりしているが、バスタブにはお湯が溜められないのでシャワーのみ。

パリ・ケ・クアはほとんどこのスタイルみたい。



        



お部屋がどんなに悪くても許せるのが、オーシャンフロントのテラス。

1階なのですぐに裏庭の芝生へと出られる。

テーブルとイスがあるので、朝食はいつもここで食べていた。

毎朝、ネネのつがいが遊びに来てたよ。







朝と言えば、こちらもお楽しみな虹。

カウアイで初めて迎えた朝に見た、くっきりレインボー。

右端は海に突き刺さっている。



        



二日目の朝、ジョギングしている時に目の前に現れた虹は、ダブルレインボー♪

デジカメを取りに戻った頃には薄くなっていて残念だったけど、虹に向かってのジョギングは最高に気持ち良かった。

三日目の朝も低い位置に虹が。。。

写真では綺麗に写ってないけど、実際に見た方がもっと色も鮮やかだったわ。



        



今回のサンセットは雲が多い日ばかりで、コレ!と言うサンセットは見られなかったけど、

その時々の空の色、雲の色の変化を、楽しませてもらった。

ここに滞在すると、サンセットの時間までにお部屋に戻るのが鉄則。(笑)



        
1日目



        
2日目




3日目



こちらはサンセットではなく、反対側の東の空に朝陽が昇り始めた頃。

早起きは三文の徳とはよく言ったものね。







ビーチで遊んだ帰りは、プールでまったり〜がお約束の我が家。

ここのプールはいつも貸し切り状態で嬉しい。

遊び相手がいなくてもクロールが得意な娘は、真剣に泳いでたわ。

私は専らビールを飲みながら読書。(笑)

ゆっくり時間が流れていく、至福のひと時。

ジャグジーも気持ち良いね〜♪



        



敷地内には宿泊客専用のビーチアクセスがある。

かなり急な坂道だけどね。







ハワイのホテルやコンドミニアムにはよく手入れされたお庭が多いけど、ここもそのひとつ。

パンノキやプルメリアをはじめ、たくさんの植物が咲いていて、お散歩するのが楽しくなる。

崖下の海の色も綺麗で、思わず飛び込みたくなるほどだ。(笑)



        



      



      



      



      



3泊はあっという間だったけど、やっぱり夏のパリ・ケ・クアは最高!

また機会があれば泊まりたいけど、どんなお部屋か分かるように、オーナーから直接借りることにしよう。(笑)



Top