■■ Banyan Harbor ■■



パリケクアで3泊した後は、リフエのバニヤンハーバーに移動した。

ここにお世話になるのはもう何度目だろう?

リフエ空港から5分、どこへ行くにも便利な立地だけど、リゾート気分はあまり望めないかも。

リーズナブルだけど、当たり外れもあるしね。(笑)

私達が利用する一番の理由は、ママの家のご近所だからだ。







パリケクアのお部屋がハズレだったので、大きな期待はしていなかった。

オフィスに行くとフロントのジンジャーさんが覚えていて下さっていた。

「Welcome back!」と笑顔でのお迎えは嬉しい。

予想通り2BRのお部屋をもらえて、ラッキー!

E棟は東西に細長い敷地の一番西端。

プールから一番遠いけど、まぁ、いいや。 車で行けばいいしね。

バニヤンは外観もかなり古臭い感じだけど、ドアを開けてびっくり!

リニュされてまだ間もないのだろうか? 

珍しくフローリングの床で、壁は薄いブルー。

アジアンリゾートを思わせるインテリアも私好み!







ガラスのダイニングテーブルは、夜は専らパソコン用。

2年前に泊まった時は、ネット環境はパリケクアのようにお部屋によってまちまちだったけど、全てワイヤレスとなっていた。

ここのリビングのソファはベッドになるタイプではないので、泊まれるのは3人までかな?



        



小さいながらもラナイ付き。

ガーデンビューだけど、右手に大きなプルメリアの木があった。

鮮やかなピンク色の花は、雨に濡れると一層艶やか。



          



黒のカウンタートップのキッチンは白で統一され、照明のペンダントも可愛くて、お洒落なカフェみたい。







階段下にあるトイレも、清潔で可愛い感じ。

カーテンの向こうは畳一枚分ほどのスペースがあるので、スーツケースや荷物を置ける。



            



メゾネットタイプになった2階は2つの寝室と、バスルームがある。

トップライトから自然光が差し込む階段スペースには、ペギー・ホッパーの絵が飾ってあった。

2階の廊下は主寝室から見たところ。

右手のドアがバスルームで、その向こうが二つ目のベッドルーム。



          



マスターベッドルームにもペギーの絵が。 きっとオーナーが彼女のファンなんだろう。

ハワイアンプリントのベッドカバーは、爽やかな色合い。

アジアンチックな籐の簾がリゾート気分。

エアコンはないけど、カウアイの夏はシーリングファンで十分涼しい。







ミラー扉はクローゼットになっている。

衣類などを仕舞えるチェストもアジアンリゾート風。



          



シングルベッドが一台のセカンドベッドルーム。



          



1階のトイレと同じ雰囲気のバスルーム。

換気扇の音がうるさいのは、他のユニットも共通している欠点。 古いから仕方ないのかなぁ。

夜中にトイレを使うのは少々気が引けるほど。







バスタブは足が伸ばせる広さ。 固定式のシャワーだけど、湯量はもまずまず。

勿論、便利なランドリーも付いている。



            



ここのプールはあまり大きくないし、凝ってもいないけど、高台にあるのでビルで囲まれたワイキキのプールよりずっと気持ち良い〜♪

貸しきり状態のプールで泳ぐ娘。

見晴らしが良くて、アンカーコーブS.Cの向こうにはカラパキの海が見える。

あとはジャグジーがあればいいのになぁ。



          



プールサイドのカバナにはBBQエリアもあって便利だけど、今回は一度も使うことがなくて残念だった。

ひっそりと咲いていたプルメリア。







1泊$94(通常はもう少し高いけど)にしては、とっても居心地が良かったお部屋。

9月のカウアイマラソンでもと予約して帰ったけど、結局はママの家に泊まることになったのでキャンセル。

またチャンスがあれば、是非にと思っている。




Back