1日目(August 6th)



ワンコ達を預けに行って、そのまま車で関空へ向かった。
定刻通りに飛び立ったNW機、快適な空の旅はあっという間だった。
インターアイランドターミナルでは、HAの搭乗時間までにバーガーキングで軽くランチ。
リフエ空港に到着すると、真っ青な空が広がっていた。
「わ〜い!着いた〜!」







レンタカーをピックアップして、真っ先にママの家に向かった。
1年ぶりの再会を子ども達と喜んだ。
久しぶりにカウアイにやって来たパパを、やはりママも驚いていた。
「一体何があったの?」って。(笑)
庭にできていたパパイヤ、黄色くなったのを娘が採ってくれた。
お裾分けに頂いた熟れ頃のマンゴーは、明日の朝食用だ。



          



ククイグローブS.Cで食材を調達し、滞在先のポイプへ向かった。
キアフナ・プランテーションは、42棟もある大規模なリゾートコンドミニアム。
今回お世話になるのはアウトリガー管理のユニットだが、キャッスルリゾート管理のユニットもあり、
それぞれのフロントデスクでチェックインするようになっている。
鍵をもらって最寄の駐車場まで移動。
私達のユニットは東側の11棟の#60、2階だった。
室内にランドリーがないのはマイナスポイントだけど、コンランドリーがすぐそばにあったので助かった。
玄関の前で靴を脱いで、ドアを開けて入ると、左側にベッドルーム。
小じんまりとしているが、クローゼットとチェストもあるから十分かな?



        



バスルームは右側にあった。
古い造りではあるけど、お掃除も行き届いていて清潔。
シャワーのみでバスタブはないけどね。



          



キッチンも贅沢な造りではないけど、食器類は一通り揃っている。
このユニットは棟の東端なので、キッチン横のジャロジー窓からは常に心地良い風が入ってきて快適だった。
エアコンなしでも全く気にならないほど、風通しが良くて朝方は肌寒いくらいだった。
京都の夏では有り得ないので、これだけでもう十分って感じ。(笑)







対面キッチンの向こうにはダイニングセットがあったけど、食事はずっとラナイだったので使っていない。
ハワイアンな籐のリビングセットが雰囲気〜♪
壁にはキム・テイラーリースの写真が飾られていた。
ここは1BRのユニットなので、私と娘はこのソファベッドで寝ていた。



      



ラナイは結構広く、タイルの床がひんやりとして気持ちいい。
ガーデンビューだけど、芝生は手入れが行き届いているし、プルメリアがたくさん咲いていて、悪くない眺めだった。



      



子ども達は早速、プールへ直行!
その間に私は夕飯の支度をすることにした。
手前の下に砂が敷いてある部分はとても浅いので、幼児でも安心して遊べる。
小さいながらもスライダーもあるので、子ども連れには楽しいプールだ。
プールサイドにある「カサブランカ」では、飲み物やスナック類をオーダーできる。
難を言えば、ポイプロードを挟んで向かい側になるのでお部屋から遠いこと。
歩けなくもないが、専ら車で移動していた。



      



今夜のメニューはパスタにサラダ、そしてBBQエリアで焼いたチキン。
ラナイでのディナーは何でもご馳走になる。
夕焼けでオレンジ色に染まった空がだんだん暗くなり、一つ二つと星が輝き始めた。☆ミ
満天の星空をいつまでも眺めていたくて、食後もビール片手にラナイで過ごしたのだった。
早くも初日の夜が暮れようとしていた。。。



Back